20〜30代の、妊娠中でない女性の場合

最近問題視されているのが、働く女性のホルモンバランスの乱れです。
女性も男性と同じように社会で働くようになった今、色んなストレスの中に身を置いています。
心身的なストレス、生活の乱れなどから、女性ホルモンは乱れてしまいます。
女性ホルモンが乱れると、月経不順になります。

過度なストレスや環境の変化などで月経周期が乱れた経験は、女性なら誰しもあるのではないでしょうか。
問題なのは、この周期が元に戻らなかった場合。
また、月経周期は一定でも、子宮内膜症などの病気になってしまうこともあります。
不妊や、不育症と言って妊娠してもお腹の中で赤ちゃんがうまく成長できずに流産してしまう、ということの原因にもなったりもします。

【イラスト】女性

本来なら、20代〜30代は女性ホルモンの分泌は安定し、出産子育てに一番適している時期。
少子化と言われる一方で、子供が出来なくて悩んでいるカップルが多いのも事実なのです。

妊活中や妊娠初期は赤ちゃんのことを考え、精神的にも身体的にも万全の体制を作りたいもの。
そんなママにおすすめしたいのが葉酸やビタミン、鉄分やカルシウムなどの微量栄養素です。
特に葉酸は赤ちゃんが健康に生まれてくるためには必須といわれていますから、
豊富に含まれるホウレンソウやレバー、モロヘイヤなどを多めに食べることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です