思春期、更年期、妊娠出産後のホルモンの乱れの場合

この場合は、ホルモンバランスが乱れるのはしょうがないことです。
女性の体はそういうふうに出来ています。

思春期、女性ホルモンが増えることにより初潮を迎えますが、最初の月経はかなり不安定。
2ヶ月に1回だったり、1回が数日で終わることも珍しくありません。
高校生になるとだいぶ月経周期も安定する女性が増えますが、不安定でも特に気にしなくても大丈夫なようです。
また、思春期の成長ホルモンの分泌が盛んな時期というのもあり、肌荒れに悩まされる時期でもあります。
これは体が著しく変化している証拠。
どうしても気になる場合は、お医者さんに相談しても良いかもしれません。

更年期は、だれもが通りますが、その症状は様々。
中には、鬱のようになって何年も普通の生活が出来なくなってしまう人もいますし、更年期は知らないうちに過ぎてしまったという人もいます。
更年期の症状は、婦人科に相談するとお薬で緩和されるものが多いそうです。
更年期の症状を、その後もずっと引きずってしまう方もいるとききます。
ホルモンの変化は甘く見ない方が良さそうです。

妊娠、出産後のホルモンの変化は、独特なものがあります。
これは、女性の体を母の体にするためにホルモンが頑張っているということなのですが、そのせいで妊婦さんは自分の体の変化に戸惑うことも多いようです。
私の友人は、自分の体が自分じゃなくなったみたい、と言っていました。
これも個人差がありますし、症状もさまざまなのですが、マタニティブルー、産後クライシスなどという言葉も一般的になってきました。妊娠中、出産後の女性は神経が過敏になっています。
ホルモンのせいだと受け流すことも必要ですが、ひどい場合には病院に相談するなどの対処が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です